お客に聞いた管理職として「ダメな育毛をデキる育毛にする必勝パターン」
ホーム > 健康 > 痛風発作には引き金が存在する

痛風発作には引き金が存在する

理想の尿酸値に戻すためには、無理な負担を体にかけない有酸素運動に期待がもてます。ウォーキングや自分に合ったペースでのジョギング、スイミングやサイクリングなどが当てはまります。

 

 

 

それに対して短距離走、筋肉トレーニングといった無酸素運動ですとダイエットには効果がありますが、急激に負荷のかかる運動をすると尿酸値を高くしてしまうので、尿酸値を下げたい方は有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。尿酸値を下げる2つのサプリメントとは?

酸性に尿が傾くことで、結石ができやすい状態になり、尿路結石や腎臓病といった合併症へとつながります。ですから、尿が酸性に傾き過ぎるのを防ぐために日頃からコントロールするように意識することがとても重要です。正常とされる尿酸値は男性の場合で3.6~7.0mg/dl、女性の場合では2.7~7.0mg/dlとなり、男女ともに7mg/dlを超えるた場合高尿酸血症であると診断されます。

 

痛風は血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症によって発症する病気です。

尿酸値は通常尿酸塩として血液に存在しますが、一定量を超えると、血中の尿酸値があふれて、結晶化して関節などに溜まります。関節に溜まった結晶が剥がれ落ちたりすると、異物と認識した白血球が攻撃をします。

 

こうした白血球の出す炎症物質によって、激痛を伴うこともあります。

 

ただ沈着しているだけの尿酸の結晶では痛風発作を起こすわけではありません。発作が誘導されるのは、大きなストレスを心身ともに感じる動作や運動、急激な尿酸値の変動などが引き金となって、付着していた結晶が関節から剥がれ落ちたときです。耐えがたい痛みの原因は、白血球が剥がれ落ちた結晶を異物と捉えて排除しようと活動したために起こる炎症反応です。痛風にかかる人の男性が占める割合は約95%です。

女性は女性ホルモンの働きによって尿酸がスムーズに排泄されるので、男性と比較して発症する割合がとても低くなっています。しかし、閉経を迎えるとホルモンの働きは弱まり、尿酸値が上昇する傾向にあります。

 

 

こうような経緯から、痛風になる女性は閉経を迎えた人が大半を占めます。